building

マンションは稼げる

投資マンションは入居者を飛び込むためには、魅力的な部屋にすることでしょう。特に最近はリフォームやリノベーションなどが選ばれていて、新築同然の部屋にすることが空室対策になります。

Read More

運用方法の違い

資産運用の中でも元本保証タイプの中で、国債と不動産投資信託に対しては多くの人から評価をされています。また、運用の方法の中でも特に金融機関に預けるばかりではない銘柄は今後メディアで取り上げられるといわれています。

Read More

慎重に投資活動

少額で参加できる都市綜研インベストバンクの高利回りの不動産投資商品は多くの噂を呼びましたが、現在も順調に販売が継続されています。噂を信用し過ぎることに注意した上で無理のない投資行動を心掛けることが大切です。

Read More

投資に必要な物件

不動産で収益を得たいのでしたら、投資マンションを利用しましょう。実際に利用している人はとてもたくさんいます。

初めての方でも無料の不動産投資セミナーでマンション経営のノウハウを学んで、健全な運用資産を目指そう!

高いのには理由があります

投資マンションを購入するのであれば東京の物件がお勧めです。なぜならば、東京の都市部は今後も人口の増加が見込まれる地域だからです。最近ではいくつかの不動産会社が東京の都市部の投資マンションに限定して取り扱いをしています。しかも自社から購入した投資マンションに付いては空室保証を付けたり、滞納保証を付けたりしています。それだけ、東京の投資マンションには自信があるということです。確かに価格は他の地域にある物件と比べると高めに設定されていますが、この価格差は安心料だと考えましょう。東京は、ファミリータイプのマンションは積極的に建設されていますが、単身世帯の増加に比べてワンルームマンションの建設が低迷しています。

人が集まるエリアを選ぼう

人が集まるところは商業施設も積極的に進出します。さらにオフィスビルもたくさん作られ、昼間人口が飛躍的に増加します。これらの商業施設やオフィスビルに通勤するために、その周辺の地域に人が住み始めます。このように人が集まり、さらに開発が進み、街の利便性が高まるのです。街の利便性が高まれば、資産価値も増加します。つまり好循環にあるわけです。空室になりにくい投資マンションは売却する時にもすぐに買い手が付きます。自分の資力で購入できる投資マンションを選ぶのではなく、東京エリアの中から買いたい物件を選び、その物件を買うことができるほどの資力を備えられるように努力をしましょう。不動産投資を成功させるためには良質な物件を選ぶことが重要です。