building

慎重に投資活動

現在も健全に経営しています

日本で長く続いた不況だけではなく世界的にも経済が長期的な低迷が続いていたため、経済指標の目安である株式等の証券市場は度々大きな影響を受けてきました。基本的に有価証券は市場における信用で価値が決定されるので、景気低迷は資産価値の急激な低下を招くことにも繋がってしまします。そのため、リスク分散の観点から注目を集めた金融商品が都市綜研インベストバンクの不動産投資商品です。 都市綜研インベストバンクでは、不動産を証券化して小口にすることで少額でも投資が出来るようにした上で高利回りの不動産商品を販売しています。そのため、利回りの高さについて多くの噂が囁かれることになりました。しかし、噂に反して現在の販売でも元本割れや未配当はありません。

噂を信じ過ぎることは危険です

高利回りは資金を集めるためであって都市綜研インベストバンクは経営不振にあると言う噂もありますが、現在も不動産事業やホテルオーナーを対象にした事業、シニア層をサポートする事業等を軸として健全な経営を行っています。 近年は不況から抜け出す兆候が各経済指標から示唆されることもありますが、依然として不安定な社会状況に変化はありません。都市綜研インベストバンクに関する噂を信じ過ぎて、折角の投資機会を失ってしまうことは投資家にとって将来的な損失になるかもしれません。他社商品とも比較して先を見据えた投資行動をするようにすることが大切です。当然、投資である以上、預貯金のようにリスクが低い訳ではありませんから、無理のない投資をするように注意が必要です。